お役立ちコンテンツTOP画像

豊田おいでんworks お役立ちコンテンツ 派遣に関しての記事 喫煙者が気をつけたい派遣先選びや職場での喫煙マナー

お役立ちコンテンツTOP画像

喫煙者が気をつけたい派遣先選びや職場での喫煙マナー

派遣に関しての記事

喫煙者が気をつけたい職場選びや職場での喫煙マナー

はじめに

近年喫煙に関するルールや条例が非常に厳しくなってきています。喫煙のルールは、駅や道などに限らず会社など様々な場所でも適用されるルールが多くなりました。そのため派遣先企業でも喫煙に関するルールが設定されている場合がほとんどで、様々な制約があります。
また現在の喫煙ルールは、2018年に健康増進法が改正されたことにより、多くの企業で喫煙に対する取り組み方が変わりました。
これから派遣先を選ぶ際に、喫煙者にとって気軽に吸うことができる環境や非喫煙者にとっても働きやすい環境がどのように整備されているのか紹介していきます。

喫煙ルールは厳しくなっている

現在喫煙ルールは、大変厳しくなっています。長きに渡り喫煙に関するルールや規制が少なく、どこでも喫煙することができました。しかし副流煙の問題や火がついたタバコを持ち運ぶことで事故が起きる可能性がある点などの事例が多発するなど様々な問題が発生してしまいます。

 

また2018年7月からは健康増進法が改正されました。法律では、4つのルールが定められており、屋内の原則喫煙禁止や喫煙ルームを設けること、喫煙室の標識を設置すること、20歳未満の喫煙ルームへの立入禁止となります。
そういった点から現在で喫煙できる場所は、会社や駅に喫煙コーナー設けることなど喫煙可能なスペースは限定的です。そのため多くの派遣会社でも、タバコを吸うことができる設備を設けています。
このように喫煙ルールは年々厳しく定められており、喫煙者にとって会社や公共施設で厳しくなっているのが現状です。

豊田市でも条例でルール化

喫煙に関する条例は、各地市町村でも定められています。愛知県豊田市では、喫煙に関する条例でルール化していて、タバコでの火傷や衣服の焼け焦げ被害防止に努めています。
豊田市では、2つのルールを定めて条例として施行しています。

 

1つ目は、歩行喫煙(自転車、オートバイに乗車中の喫煙を含む)や他人に迷惑を及ぼす喫煙をしないようにするということです。火がついたタバコを持ち歩くことで、衣服等に火が燃え広がる可能性や灰が飛び散るなどを防ぐように努力するということになります。

 

2つ目は、喫煙をするときは、備え付けの灰皿又は携帯用吸い殻入れを使用し、たばこの火や吸い殻を処理できるものを持ち歩くということです。携帯用吸い殻入れの持ち運びにより、吸い殻のポイ捨てを防ぐことができます。
これにより喫煙することができる箇所を限定し、吸い殻が落ちていないクリーンな豊田市へと目指していくと打ち出しました。
そのため豊田市では、路上喫煙エリアを設定しており、喫煙者がタバコを吸うために街の6箇所に喫煙所を設置して喫煙者がタバコを吸うことができるようにしています。エリアは豊田市駅周辺に限定されていますが、禁止エリアに隣接している箇所でも同様のルールを設定し、帰省する方向に進んでいます。豊田市では、豊田市駅周辺から分煙を進めていきタバコを吸うことができるエリアを限定しており、喫煙者と非喫煙者が住みやすい環境となりました。

働く人にとっての喫煙マナー

働く人にとって喫煙ルールが厳しくなってきていることを紹介しました。2018年7月から屋内の原則禁止となっており、豊田市をはじめとして多くの場所で適用されています。そのため喫煙者は、喫煙ルールを守ることが必要です。
例えば各派遣会社では、喫煙室を設けている場合があります。原則的に喫煙は、喫煙所以外ではしてはいけないというルールです。理由としては受動喫煙防止対策や非喫煙者が不快になる可能性があるなど様々です。そのため喫煙所以外で喫煙する行為は、マナー違反になります。喫煙者は、喫煙室で喫煙するようにして他では吸わないといったルールを守ることが必要です。

 

そのため多くの企業では、屋内で喫煙することを禁止するルールを制定することや喫煙室を設けて分煙をするなど対策がとられています。
喫煙者は、各喫煙マナーを守り行動することが必要です。

派遣社員として職場選び

喫煙者や非喫煙者にとって喫煙のルールがどのようになっているのかは選ぶ際に重要になります。
喫煙ルールは主に、屋内で喫煙を全面的に禁止する企業と喫煙室を設けて分煙をするという2つの場合があります。

 

屋内での全面禁煙ルールを設けている場合には、室内で喫煙することができません。そのため喫煙者は、喫煙する場所がないため、喫煙することを我慢することや昼休みに外で喫煙するなどの対策が必要になります。
屋内でも喫煙ができる企業では、喫煙スペースを設けているためタバコを屋内でも吸えるスペースがあるのが分煙です。そのためタバコを吸いたくなったら、喫煙室に行き喫煙をすることができます。
非喫煙者は、分煙でも嫌な場合には全面禁煙を進めている企業を検討してみてください。また喫煙者は、喫煙室がある企業を選ぶことで会社で定められたルールを守りながらタバコを吸う場所があるためおすすめです。

まとめ

現在法律や条例などで喫煙に対するルールや条例を定めており、厳しく取り締まりをしています。会社では、分煙を進めている会社や屋内での喫煙自体を全面的に禁止するなど派遣先によって違いがあります。
また各市町村でも喫煙に関する条例が違い、豊田市では喫煙禁止エリアを設けて街に喫煙箇所を設置して、分煙を進めています。
喫煙には様々なルールが定められており厳しくなっており、派遣先企業を選ぶ場合は自身にあった企業を選ぶようにしましょう。

 

CONTACT / 応募フォーム

01 必要情報入力

- -

「お問い合わせにおける個人情報の取扱いについて」 (1)事業者の氏名または名称 株式会社都工業

(2)個人情報保護管理者 株式会社都工業 営業管理部 部長

(3)個人情報の利用目的 ・当社事業に関してお問い合わせいただいた内容に回答するため
・取引商品についてのご回答の為

(4)個人情報の第三者提供について 取得した個人情報は法令等による場合を除いて第三者に提供することはありません。

(5)個人情報の取扱いの委託について 取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を委託することはありません。

(6)開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)に応じます。
開示等に応ずる窓口は、お問合せいただきました当該部署になります。

(7)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得 クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

(8)個人情報の安全管理措置について 取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
お問合せへの回答後、取得した個人情報は当社内において削除致します。

(9)個人情報保護方針 当社ホームページの個人情報保護方針をご覧下さい。

(10)ご本人の権利の尊重 当社に対する個人情報のご提供は、お客様の任意のご意思によります。ただし、お客様が個人情報のご提供を拒否された場合、当社は、上記「個人情報の利用目的」に記載の各種サービスのご提供やお問い合わせ等のご対応ができない場合がございます。また、これによりお客様が被った損害(逸失利益を含む)、不利益等について、当社は何らの賠償責任等を負いません。

(11)当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先 窓口の名称  個人情報苦情相談問合せ窓口
連絡先
住所:〒471-0843 愛知県豊田市清水町2-79-1 田園オフィス
電話:0565-29-7077
FAX:0565-29-3602
Email:shizu_i@t-miyako.com

01 必要情報入力


ボタンは一度だけ押し、画面が切り替わるまでお待ちください。

New新着お仕事情報

今すぐ応募

pageTop