お役立ちコンテンツTOP画像

豊田おいでんworks お役立ちコンテンツ 派遣に関しての記事 「派遣」の時給交渉は可能?

お役立ちコンテンツTOP画像

「派遣」の時給交渉は可能?

派遣に関しての記事

派遣として働いているから時給を上げるのは無理だと諦めている人が多いです。実際には時給交渉すると上がる場合が多いのでぜひ時給交渉やってみてください。どのようにすれば時給が上がりやすいのか、どのタイミングで相談に行けばいいのかも紹介するので参考にしてみてください。

時給交渉はできる?誰にする?

派遣社員だから昇給は難しいと思っているかもしれませんが、時給交渉は可能です。

時給交渉は積極的にしよう

派遣社員の場合は、正社員のように給料が上がっていくわけではないので自分から積極的に時給交渉をしましょう。時給交渉をしないとせっかく時給を上げられるタイミングでもあげられません。どのぐらい単価が上がる可能性があるのかというと、多くの場合が10円〜100円の間となっています。なので時給交渉する場合は10円〜100円の間を目標として交渉してみてください。

派遣会社の営業担当へ相談

時給交渉する場合は、派遣会社の営業担当と相談するようにしてください。派遣先の会社と雇用契約を結んでいるわけではないので派遣先に時給の交渉をしてもあまり意味がありません。時給交渉は権利として認められています。スムーズに時給交渉をするためにも日頃から派遣会社の営業担当の人とコミュニケーションを取るように心がけておいてください。

タイミングはいつが良い?

時給交渉するタイミングはいつが良いのか分かりづらいと思うので、おすすめのタイミングを3つ紹介します。

 

• 契約更新時に時給交渉する
• 資格取得や講座の受講したときに時給交渉する
• 役職についた時に時給交渉する

 

この3つになります。では1つずつ詳しく解説していきます。

契約更新時に時給交渉する

契約更新時に時給交渉するのが一番適しているタイミングです。さらに派遣先の企業から契約延長の希望があれば時給交渉するチャンスです。交渉が早すぎても忘れられてしまうかもしれないし遅すぎても間に合わないかもしれないので、1ヶ月前を目安に交渉してみてください。

資格取得や講座の受講したときに時給交渉する

資格を取った時や講座を受講した時に時給交渉するのがおすすめです。どのような資格がおすすめなのかというと働いている業種によっても違いますが一般的に有利となる資格を11種類紹介します。

 

「日商簿記検定2級」「秘書検定2級」「ビジネス文書検定2級」「ファイナンシャルプランナー2級」
「ビジネス実務法務検定2級」「TOEIC600点以上」「宅地建物取引士」「ITパスポート基本情報技術者」「社会保険労務士」「QC検定」「行政書士」こちらの11種類になります。2級と書いてあるのはコストパフォーマンスが良いからであってもちろん1級を持っていた方が有利になるのは間違い無いです。今やっている業務と関係のある資格があったらぜひ取得してみてください。

役職についた時に時給交渉する

より高いレベルの業務を派遣先から任されるようになったら時給交渉するチャンスです。仕事を続けていくと今までやっていた内容以上の仕事を任されることもあります。そうなった時には派遣会社に言って時給交渉をしてみてください。しかし、「就業条件明示書」に書かれている業務以外の仕事には応じる必要ないとなっているので過度に業務を任される場合は注意が必要です。

効果的なアピール方法は?

時給交渉するのに効果的なアピール方法が3つあるので紹介していきます。ぜひこのアピール方法を参考にして時給交渉してみてください。

 

• 新人や後輩の指導を任された場合
• 自身の工夫や発案で業務が効率化した場合
• 他の派遣会社の時給が高い場合

 

この3つの方法になります。では1つずつ詳しく解説していきます。

新人や後輩の指導を任された場合

新人や後輩の指導を任された場合はアピールするチャンスです。指導を任されるということは派遣先から信頼されていて仕事もできるということになるので時給交渉する際にその点をアピールすると交渉しやすくなります。派遣会社も信頼されていて仕事ができる人は重宝してくれるので交渉に応じてくれる可能性が高いです。

自身の工夫や発案で業務が効率化した場合

工夫や発案のおかげで派遣先の業務が効率した場合はアピールするチャンスです。業務が改善され効率化したということは派遣先からとても感謝され必要な人材としてさらに契約更新してくれやすくなります。すると派遣企業からも必要な人材となるので時給交渉をしても認めてもらいやすくなります。自分がどのような工夫や発案をしたかまとめておくと相談してる時に交渉しやすいです。

他の派遣会社の時給が高い場合

派遣先ので他の派遣会社の人が働いていてその派遣会社の人の時給が自分より高い場合はアピールするチャンスです。別の派遣会社の人と話をしていて自分の方が時給が低いとわかったらぜひ派遣企業と相談してみてください。完全に同じにすることはできないかもしれませんが、近づけるのは可能なので諦めずにコミュニケーションをとりましょう。

時給交渉して時給アップしよう

時給交渉しない限りなかなか派遣は時給アップできないので積極的に相談するようにしましょう。
相談しても時給が上がらない場合もありますがその場合は派遣会社を変える検討をするのがおすすめです。派遣だからとか考えず自分の時給を上げていきましょう。

 

CONTACT / 応募フォーム

01 必要情報入力

- -

「お問い合わせにおける個人情報の取扱いについて」 (1)事業者の氏名または名称 株式会社都工業

(2)個人情報保護管理者 株式会社都工業 営業管理部 部長

(3)個人情報の利用目的 ・当社事業に関してお問い合わせいただいた内容に回答するため
・取引商品についてのご回答の為

(4)個人情報の第三者提供について 取得した個人情報は法令等による場合を除いて第三者に提供することはありません。

(5)個人情報の取扱いの委託について 取得した個人情報の取扱いの全部又は、一部を委託することはありません。

(6)開示対象個人情報の開示等および問い合わせ窓口について ご本人からの求めにより、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)に応じます。
開示等に応ずる窓口は、お問合せいただきました当該部署になります。

(7)本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得 クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

(8)個人情報の安全管理措置について 取得した個人情報については、漏洩、減失またはき損の防止と是正、その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
お問合せへの回答後、取得した個人情報は当社内において削除致します。

(9)個人情報保護方針 当社ホームページの個人情報保護方針をご覧下さい。

(10)ご本人の権利の尊重 当社に対する個人情報のご提供は、お客様の任意のご意思によります。ただし、お客様が個人情報のご提供を拒否された場合、当社は、上記「個人情報の利用目的」に記載の各種サービスのご提供やお問い合わせ等のご対応ができない場合がございます。また、これによりお客様が被った損害(逸失利益を含む)、不利益等について、当社は何らの賠償責任等を負いません。

(11)当社の個人情報の取扱いに関する苦情、相談等の問合せ先 窓口の名称  個人情報苦情相談問合せ窓口
連絡先
住所:〒471-0843 愛知県豊田市清水町2-79-1 田園オフィス
電話:0565-29-7077
FAX:0565-29-3602
Email:shizu_i@t-miyako.com

01 必要情報入力


ボタンは一度だけ押し、画面が切り替わるまでお待ちください。

New新着お仕事情報

今すぐ応募

pageTop